TECHNICS SL-1200 MK3D-S


フライヤー フライヤー フライヤー
close
■date
・櫻田陽樹
・ターンテーブル
・2000
・40,000円ぐらい(曖昧)
■comment
 念願叶ってやっと手に入れたTechnicsのタンテです。当時僕は高校の教師から譲っていただいたONKYOのタンテを使っていました。オーディオ用でピッチの可変幅が+-5%で、モーターも弱いものでした。それに比べるとこいつはモーターも強く、立ち上がりも早いし可変も+-8%。後に友人からMK3を購入するまで、ONKYO、SL-1200 MK3D、PMC-17Aというセットでミックスをしていました。
 SL-1200シリーズは35年もの歴史があります。最近知ったのですが、このMK3Dは98年に発売された、シリーズ初のDJ用プレーヤーだそうです。しかしピッチのリセットスイッチ以外は、予備のカートリッジを刺せる穴や、フタが容易にはずせるなど、DJ用と名言している割にはお粗末な内容。ベスタなんかの方がもっと機能的なタンテを出していたのですが、あのころはなぜかこのMK3Dが1番人気でした。  
Copyright(c)2008 DOUBLE NEGATIVE official web siter All rights reserved. Base template by WEB MAGIC.